フランス車専門のタジマレンタカー
[北海道函館・東京・千葉]
プジョー/シトロエン/DSの
フランス車専門レンタカー

北海道 おすすめドライブ&スポット 積丹編

北海道 おすすめドライブ&スポット 積丹編
更新日:
2017-09-05
カテゴリ:
おすすめスポット
該当店舗:
新函館北斗店

今回は、函館からちょっと足を伸ばして積丹半島を1周するドライブコースのご案内です。積丹ブルーと言われる美しい海と険しい岬、そして何より取れたてのウニがたっぷり載ったウニ丼は今が旬。雄大な山並みと、どこまでも広がる海を眺めながらのノンビリドライブで、ぜひおいしいウニ丼を食べに行きましょう! ちょっと寄り道をして約500km、日帰りも可能ですが、余裕を持って一泊二日でのお出掛けがお勧めです。今回のカーチョイスは308SW、ロングドライブでも疲れない素晴らしいシートと、シャープなエクステリアデザイン、大人4人分の荷物がたっぷり積めるカーゴスペースが特徴。
当店のある新函館北斗駅前から国道5号線を下り、道央自動車道に乗ります。約80kmほど走り、長万部ICで高速を下ります。国道5号線、道道9号線で北上し、国道229号線、雷電国道に合流してしばらく走ると寿都町に入ると、もうそこは日本海です。海からの風を受けて回る風車を眺めながらしばらく海沿いのドライブが続きます。岩内から積丹半島を横切るには、いくつかのルートがありますが、今回は交通量が少なく山の景観が楽しめる道道998号線を選びました。峠超えのワインディングロードをゆっくり走れば、キタキツネに出会えますよ。決してキツネには触らないでくださいね。峠を下り、田園地帯を抜けると再び国道229号線に突き当たります。今度は、右手に海を見ながら北上、積丹の街を抜けて更に進むと、積丹半島の先端部、海沿いに突き当たります。右に行けば積丹岬、左に行けば神威岬、どちらに行っても街道沿いにウニ丼を看板にしたお店が並んでいます。お勧めの海鮮食堂は、出発前に当店スタッフよりお伝えいたします。ここで美味しいウニ丼を堪能したら、そのまま少し足を伸ばして神威岬に立ち寄りましょう。ここに来たら、売店で販売しているミントブルーのソフトクリームがお勧めです。駐車場から岬の先端まで約30分、足に自信のある方は、ぜひ先端まで行ってください。水平線が丸く見えるという大パノラマと積丹ブルーの美しい海を見ることができます。そのまま積丹半島を左回りに回って岩内まで戻ったら、日本海とお別れして黒松内経由で、道央自動車道に戻ります。帰り路、所々に立ち寄り温泉があります、時間を気にせずゆっくりと温泉に使ってドライブの疲れを癒すのもお勧めです。

オススメの関連記事